小学生プログラミング必修の概要

2020年から小学校で、プログラミング教育が必修化されることとなりました。小学生の時点から、プログラミングなどITについての教育を進めるということは、それだけ国がこの分野の教育の必要性を考えているということでもあります。

もっとも、小学校でのプログラミング教育の必修化は、プログラミングという科目ができるわけではなく、あくまで、既存の国語や算数などといった科目の中で実践されるようです。

また、どれくらいの比重でプログラミングについて扱うかについては、各学校の判断に委ねられるようで、このジャンルの必修という言葉から受ける強い印象と、実際の現場で行われる教育には、現時点でそれなりに差があります。

それでも、初等教育から本格的にITの知識に接する機会が劇的に増えるのは間違いなさそうですし、2020年時点では独立した科目として存在しないとしても、将来的には、必修科目としてプログラムが扱われる可能性も大いに考えられでしょう。

小学生のプログラミング学習の入口が増えている

今の小学生にとっては、プログラムは非常になじみの深いジャンルとなりました。それだけデジタル端末が身近な存在になっているからです。

昔はパソコンを持っている家庭は限られており、子供の頃からプログラムを書いている人は、一部のマニアだけでしたが、今は小さい頃からタブレットなどに親しんだり、専用のスマホを与えられているケースも少なくありません。小さな子供がスマホでネットサーフィンをしたり、動画を閲覧するということも、当たり前のように行っていたりします。

また、ノートPCの値段も安くなっているため、教育目的も兼ねて、親が子供に専用のノートPCを買い与えている家庭も珍しくありません。

そういった背景があるため、普通にデジタル媒体を活用するという段階から一歩進んで、その土台となるプログラムの学習に興味を持つ子供たちも間違いなく増えています。

親としても、子供たちがデジタル媒体に当たり前のように親しんでいるため、プログラムの学習のための機会を与えやすいという点も、このジャンルの入り口の増加に拍車をかけているのです。

ゲームでプログラミングを学べるCode Monkey

小学生にとってプログラミングがなじみの深いものになりつつあるとはいえ、初歩の段階でいきなり大人向けの教材で学ばせるのは非常にハードルが高いです。そのため、低年齢層の子供たちが学習を進める上では、子供向けに工夫された教材を選択することが重要です。

子供向けの優れた教材はいろいろと存在していますが、コードモンキーは全世界で愛されている評判の良いソフトです。

コードモンキーは、主人公のお猿をプログラムで操作して、バナナの回収を目指すゲームです。プログラムを書いて、自分の意図の通りに機械を動かすという点では、通常のプログラムと一緒なのですが、キャラクターがお猿で、目的もバナナの回収と非常にわかりやすいので、小さい子供でも楽しく学びを進めることが可能になります。

コードモンキーでは、CoffeeScriptという言語を学ぶことができます。実際に、プログラムを書いて動かしてみると、正しく動いているかどうか、それが主人公のお猿の動きですぐにわかります。ゲームを通して、プログラミングの難しさと楽しさを実感できる点で、非常にすぐれたサービスと言えるでしょう。

コードモンキーは、非常にたくさんのステージがあり、有料のサービスなのですが、30ステージまでは無料で遊ぶことができます。なので、最初は無料で子供と一緒に遊んでみると良いでしょう。有料だと年額で6480円となっており、新しいステージもどんどん追加されています。

子供向けプログラミングといえばScratch

マサチューセッツ工科大学から生まれたScratchという言語を、子供向けにわかりやすくしたScratchJrは、子供向けのプログラミング学習にピッタリです。

小さな子供にとって、大人のようにプログラムを書くというのは非常にハードルが高いですが、ScratchJrの場合、キャラクターへの命令はイラストのブロックを使うことができるため、非常にわかりやすくなっています。

主人公のキャラクターや命令など、イラストがふんだんに使われていて、ビジュアルでパッと理解しやすいように作られているため、小学校低学年以下の子供たちでも、楽しくプログラミングの素養を養えるようになっているのが良い点です。

日本語を含むいろいろな言語に対応しており、世界中の教育の現場で使われているというのも納得できる話です。NHKの教育テレビでもScratchを用いた番組が放送されたりもしています。

ScratchJrは無料で利用できるサービスで、ブラウザさえあれば簡単に始められる敷居の低さも良い点と言えるでしょう。

非常に有名な学習サービスですので、関連した書籍もたくさん出版されています。アプリをダウンロードして活用するとともに、入門書も併用すると、さらにスムーズに学びが進められるはずです。

2018年現在