書籍を入手して写経する独学(メリットデメリット、料金)

プログラミングの学習の基本は、書籍を入手してそれを書き写す方法です。書店にはいろいろな言語の書籍がたくさん売られていますので、それらの中から、自分のレベルに合ったものを選ぶことになります。

書籍を購入しての独学のメリットとしては、自分のペースでやりたいときに勉強を進めることができる点です。それにお金も大してかからないという利点があります。プログラム言語を学ぶ上で、もっともベースとなる学習スタイルですので、本を購入しての学習は誰しもが必ず通ることになります。

一方で書籍で学ぶことのデメリットとしては、行き詰まってしまった時に、自己解決するのが大変という点が挙げられます。書籍に書いてあるコードを写経したつもりだったのに、思うように動いてくれない。こういった経験は誰しもがするものですが、独学の場合には、自力で問題となっている個所を見つけなければなりません。この点が独学のツライところです。

書籍を購入しての独学にかかるコストは、書籍代だけです。プログラム関係の本は、一般の本と比較するとやや高く、一冊で2000~3000円くらいはします。中には、5000円を超えるものもあります。

学びのための費用としては安めといえますが、わかりにくいハズレ本を買ってしまうと泣くに泣けないので、本を買う前にネットで「言語名 書籍 おすすめ」などと検索して、評判が良いものを選ぶようにするほうが無難でしょう。

プロゲートで学習する(メリットデメリット、料金)

プロゲートは、初心者の人でも無理なく学びを進められるように工夫されているオンラインの学習サービスです。

プロゲートは、非常にわかりやすく楽しく作られた17のレッスンが無料で学べる点が良いところです。htmlやJavaScript、PHP、Pythonなど様々な言語を完全無料で学べる点が素晴らしいです。

プログラム言語の教材というと、細かい文字がびっしり出てきて、パッと見で頭が痛くなるようなイメージがありますが、プロゲートの場合、わかりやすさを重視しているため、初心者であっても楽しく学びを進めやすいのが良いところです。

ただ、初心者へのわかりやすさを重視しているため、ある程度知識や経験がある人にとっては、物足りない部分があるのも事実といえます。初心者にわかりやすく使いやすい教材は、経験者にとっては物足りなく感じるものですので、この点は仕方ない部分と言えるでしょう。

プロゲートの基本料金は0円ですので、何かの言語を学びたい時の入り口として非常にありがたいサービスと言うことができます。より本格的なレッスンは月に980円で利用できるようになります。

ドットインストールで学習する(メリットデメリット、料金)

ドットインストールは、htmlやiphone開発、android開発、VBA、Pythonといった様々な言語の開発技術について、動画で学べるオンラインサービスです。初心者が学べるオンラインサービスとしては、プロゲートと並んで有名で評判も良いです。

ドットインストールの良い点は、すべての動画が3分という短い時間で区切られている点です。たった3分ならちょっとした空き時間でも学習を進めやすく、忙しい人にとってはかなりありがたいはずです。

一方で、完全に初心者向けというわけではなく、IT用語などが教材中で普通に出てくるので、ある程度、IT系の知識があるけれど、その言語については初心者と言った人に向いている教材と言えるでしょう。全くの初心者が利用するには、ややハードルが高い印象があります。

ドットインストールは初心者向けの講座の利用は無料となっています。動画の文字起こしなどを閲覧できるプレミアムサービスは、月に980円で利用することができます。

Paizaラーニングで学習する(メリットデメリット、料金)

paizaラーニングは、求人サービスpaizaが運営しているプログラミング学習サービスです。JavaやC言語、Python、SQL、Ruby、PHPなど様々な言語に対応しており、入門講座は無料で利用することができます。

paizaラーニングの良いところは、ドットインストールと同様に、1つの動画が3分程度に短く区切られているのと、ウェブ上で実行できる演習機能がある点です。

また、paizaがIT系の求人サービスを行っている点から、paizaラーニングでの学習成果を求人応募する企業に提出できるといった部分もメリットということができるでしょう。プログラムを学ぶというだけでなく、将来的な仕事のことまで考えて利用できる点が、paizaラーニングの特徴と言えます。

ただ、paizaラーニングは完全無料ですべてを利用できると言うわけではありません。無料会員では応用編など、受講できない講座もありますので、全てを学ぶには、月600円の有料会員になる必要があります。

プログラミングスクールで学習する(メリットデメリット、料金)

テックキャンプ

テックキャンプは本格的にプログラミングを学びたい人に人気の高い有料のスクールです。テックキャンプは、オンラインのスクールと全国に8か所ある教室のどちらでも学ぶことができます。

講師には教育専門のメンターが担当してくれますので、勉強が行き詰まったときに丁寧にわかりやすく対応してくれるなど、スクールならではの利点があります。初心者にもわかりやすくカリキュラムが作られている点もテックキャンプの良いところと言えます。

デメリットとしては、教室が都市部に集中しているので、地方の人にとっては不公平感がそれなりにある点と言えるでしょう。

テックキャンプの料金は、入会金が148,000円で、月額料金が14,800円(初月は無料)となっています。月額料金というシステムになっている点が、他のスクールと大きく異なる特徴と言えるでしょう。

テックアカデミー

テックアカデミーは自宅でプログラムの勉強を進めることができる、完全オンラインのスクールとなっています。

完全オンラインのスクールのため、自宅で好きなペースで学ぶことができ、また疑問点などもリアルタイムで質問ができるため、忙しい人でも無理なく学習を進められる点が良いところです。指導してくれるエンジニアやプログラマーのレベルが高いという評判が多いのもテックアカデミーの良いところと言えるでしょう。

ただ、本格的なスクールですので料金がそれなりに高いです。学生なら社会人より安くなるとはいえ、それでもまとまった金額が必要になるので、料金が若干のハードルになる可能性があると言えるでしょう。

テックアカデミーは、4週間、8週間、12週間、16週間のコースがあり、それぞれ129,000円、179,000円、229,000円、279,000円となっています。学生なら89,000円、119,000円、149,000円、179,000円となっています。

コードキャンプ

コードキャンプはマンツーマンでプログラムを学ぶことができるオンラインのスクールです。htmlや、PHP、Java、Rubyなど様々な言語に対応しています。

コードキャンプの良い点は、講師陣が現役のエンジニアで構成されている点で、疑問点や壁にぶつかった時など、素早く質問して解決しやすい環境が整えられている点です。

初心者でも学びやすいカリキュラムが整えられており、本格的に勉強を進めたい人にとっては、かなり良いスクールと言えるでしょう。

ただ、オンラインのスクールであるため、自分から積極的に学習を進めていかないといけない点は、やや難点と言えるでしょう。

料金は、2か月、4か月、6か月のプランがあり、それぞれ148,000円、248,000円、298,000円(すべて税抜き)となっています。